本日の買取相場はこちら

2018年8月14日(現在)



※古物商許可をお持ちでない方は買取価格が異りますので予めご了承願います。

はじめての利用で不安、、、安心してください

創業40年 信頼と実績

1978年創業。今年で40周年。
信頼があるゆえの安心の店舗です。

ジュエリー・ブランド品に特化した高価買取

御徒町という貴金属買取店が多数集まり場所においても、ジュエリーのトップクラスの買取査定を行います。
チケットやお酒などなんでも買い取る買取店とは異なり、ジュエリー、ブランド品に特化して買取してるので、深い専門知識を持ち合わせています。

スピーディな査定

X線分析装置を導入し、不確かなジュエリーでもスピーディーに査定が可能です。



石はずし、リメイクの提案も可能

修理・リフォーム加工も行っているからこそ、「地金は売却するけど、宝石は返してほしい」などのご要望のお応えすることが可能です。(状況により有料)
また、「地金は売却して、外した宝石はリメイクしたい」などのご要望も修理・リフォームビジネスも行っているので、可能です。
※石外しだけのサービスは行っておりません。

土曜・祝日も営業

業者の街ゆえ、土曜日・祝日営業していない業者が多いですが、当店は、土曜日・祝日でも営業。(日曜休日)


ジュエリーの街 御徒町で営業しています

ジュエリーの業者が集まる御徒町で営業しております。是非、お立ち寄りください。

有限会社 ジェメスト (Gemest.Co.Ltd.)

御徒町店
〒110-0005
東京都台東区上野5-16-8
サンライズビル2階南側
03-6240-1913
営業時間:11:30-17:00 (土曜、祝日も営業)
定休日:日曜



金の相場の決まり方

金の相場の決まり方は、大きなとらえ方で見れば、需要供給で決まります。

GFNS-Gold Surveyの調査によると、世界の全体の需要は2009年の3125tに底となってから、2013年5434tのピークを迎えます。
2013年からは中国の影響で需要が減っていき、2016年に3,630tになりました。

需要の内訳としては、ジュエリー関連が半分以上を占めていますが、次に金地金投資、そして、金のその他の加工となります。金のその他の加工とは、たとえば、エレクトロニクス分野、歯科などです。下記にジュエリー関連の需要の統計を記載します。
(ジュエリー関連需要)
GFNS-Gold Surveyの調査によると、2009年の1856tの底から徐々に増えていき、2013年にピークの2,726tとなった後、2016年には1,953tと減り続けました。
ただ2017年は、10%を超える需要増となっています。
2013年 2,726t
2014年 2,559t
2015年 2,464t
2016年 1,953t
2017年 2,214t

なお、金の相場の決まり方は、世界各国で日々取引される業者間取引の市場で決まります。
ロンドン・ニューヨーク・東京・香港などが主な市場で、ドル建てで取引されます。
取引に使われる重量単位は、トロイオンス(oz)で31.1035gになります。

金の供給は、主に鉱山生産中古スクラップ金になります。

(鉱山生産)
2013年に世界で3,075tと3,000を超え、徐々に生産量を増えている状況です。2017年は2016年に比べわずかに減りましたが、高水準と言えると思います。
2013年 3,076t
2014年 3,180t
2015年 3,222t
2016年 3,251t
2017年 3,247t

2017年の国別統計(GFNS-Gold Survey2018)
中国 426.1t
オーストラリア 295.0t
ロシア 270.7t
アメリカ 230.0t
カナダ 175.8t

(中古スクラップ金)
当社の回収した金もこの(ごくごく)一部になりますが、GFNS-Gold Survey2018によると下記のように上下している状態です。
2013年 1,303t
2014年 1,159t
2015年 1,180t
2016年 1,306t
2017年 1,210t

日々の金相場

金は、為替相場と同じように同じように時差を追ってロンドン、ニューヨーク、東京、香港、チューリッヒなどの市場で取引されています。
NY市場は、先物取引が主体の相場で、その時点から数か月先の金価格を予想した取引が行われています。
次に開く主要市場である東京は現物先物両社が混在した市場となっています。
取引に使われる重量単位は、実は、Kgではなく、31.1035gの1トロイオンス(一般にオンスという)という単位でドル建てで行われています。
したがって、日本における金相場を考える際に難しいのが円ドル換算レートも考えなければいけないということになります。
たとえば、世界の市場では、ドル建てで金相場が上がっていても、円ドル換算レートが円高になってしまうと、結局あまり円ベースで見た際にあまり変化がないとうことがよくおこります。

なお、金の相場が変動する要因としては、株や金融不安など世界的な政治経済の外部要因と上述の需給関係の内部要因に起因し、上下します。